公式サイトに戻る

本物があるってことはニセモノも? タギーさんのお店に来るまで、絨毯には何の知識もありませんでした。
ちょっと前にリフォームしましたが、そのとき洋間にカーペットを敷きました。それと玄関マット、お風呂マット、もちろんホームセンターで買ったものです。そのくらいの知識でした。
ここへ来て、手織りのペルシア絨毯が高価なものなので、ちょっと驚きました。そして素足で踏みしめてみて、もっと驚きました。その感触に。
これが本物の感触なんだって実感がありましたね。
タギーさんは、「だからといって、ホームセンターで売っているモノがニセモノ」とは言いませんでした。
ペルシア絨毯だから、ペルシアで織られたものは「本物」にちがいない、でも一般的なカーペット(各種絨毯)も、その人の生活や好みで、一つの選択肢であると。

手数の多さにびっくり! 手織り絨毯のパイル(織物の単位)は1メートル四方で、なんと100万目数のものがあると言います。
少なくとも、わずか1メートル四方という面積の中に、100万回の手作業が必要といううことです(6畳用絨毯をつくるには、いったい何年かかるのかしら!)。
それにデザインをしたり下絵を描いたり、糸を染めたり、すべてが手作業なんです。
ホームセンターで買った機械織りと、実際に触って比べてみると、その感触(目の詰まり方や弾力、まったり感)が、天と地ほど違うんです。

素朴なのに惹き付ける模様 わたしが気に入ったのは、ギャッベといわれる、比較的小さな手織り絨毯でした。
遊牧民が使った絨毯なんだそうです。そこに動物の模様が織り込まれているんですが、素朴でとってもかわいいんです。
それにギャッベは、パイルが長くて、足をのせると、足の指の間にスルッと布地が入り込んでいく感触が、たまらなく気に入りました。
他の種類の絨毯に比べると、厚手なので和室の座布団代わりにも使えそうです。

人が織ったことが実感として伝わる 家にある玄関マットなんかは、確かにぺらぺらでした。織り目の間隔もスカスカですし(安いからしょうがないけど)。
それと、いかにも機械でつくられた布地であることがわかります。このギャッベと比べてしまうと。
ギャッベは、よく見ると人の手で織られたという不揃い感があるんです。そこがこの絨毯を織った人の姿までも想像させてくれます。二つの動物の模様が微妙に違うのも手織感が伝わってきます。
人が造り、人が使う…、これが基本かな。

一番長く使うものに最大投資 いったん、家に帰れば絨毯って、一番長く使ってる(踏んでいる)ものですよね。
その意味で、靴とか眼鏡みたいな存在で、常に身近で働いてくれるモノだから、本当に使いやすくて、自分にぴったりしたものが欲しいと思います。
タギーさんのお店の取材ができたのも何かのご縁、本物のギャッベを1枚買って、家で使ってみたいと思いました。

原産地イラン
材質ウール
サイズ55cm×40cm
価格8,000円


|Special Page TOP|
|タギーが語る日本のペルシア絨毯|
|初めての絨毯選び体験記|
|Main Site TOP|
?
Copyright PERSEPOLIS TRADING CO.,LTD. All Rights Reserved.